心のケアを!

ほっテレビで繰り返し流される
東日本大震災の映像は
子供たちに強い不安を与えます !ピンクグラ

深刻化して心的外傷後ストレス障害(PTSD)に
陥らないために、周囲の大人が注意を払いましょう 注意
日本小児科医会によると
幼児はテレビに映っているものが
過去のものだったり
身近に起こっているものではないことが
十分に理解できず、心の傷を負いやすい
今まで「安全だった世界」が
そうでなくなったと感じ
家族への依存が強くなるといいます 注意マーク!
指しゃぶりやお漏らし
甘えるなどの「赤ちゃん返り」を
起こすことが多く、無口になったり
表情が乏しくなったりすることもあります汗
このような症状がみられたら
ニュースを見せないようにし
「大丈夫だよ」と伝えることが大切です スマイル
夜は一緒に寝たり、いつも以上にスキンシップを
取ることで子供は安心します 安心
何度も同じことを言うこともありますが
できるだけ耳を傾けてあげましょう happy
 ■5歳以下に対する心のケアの例
・「大丈夫」と伝える。話に耳を傾ける
・睡眠や食事などの日常生活を普段通り続ける
・世話をしてくれる大切な人を引き離さない
・楽しみにしていることは続けさせてあげる
・夜は一緒に寝る。スキンシップを多く取る
・外傷体験を再現する「ごっこ遊び」をすることがある
ぬいぐるみやおもちゃなどを用意して、体験を表現に役立てるのもいい
・体験を無理に思い出させるような刺激は避ける
 (日本小児科医会のパンフレットより)

出来るだけたくさん抱きしめてあげましょうことば:ほっ

冷え性、むくみ、便秘解消に効果がある「リンパマッサージ」

ご予約:

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。