冬至とは?

スポンサーリンク


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

冬至

冬至の意味をご存じですか?

一年のうちで昼間の長さが一番短く夜が一番長くなる日です。
この日は、冬至かぼちゃを食べて金運を祈り
冬至風呂(柚子湯)に入って無病息災を祈る行事を各家庭で行います。
この日にかぼちゃを食べると風邪をひかないといいます。
かぼちゃに含まれるカロテンには体内でビタミンAにかわって肌や粘膜を丈夫にし感染症などに対する抵抗力をつけてくれます。
「冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない」といわれるのはそのためです。
なぜ、柚湯に入るといいのでしょうか?

それは・・・
「とうじ」という言葉にあるのです。
冬至の読みは「とうじ」というわけで、湯につかって病を治す。
「湯治(とうじ)」にかけています。
更に「柚(ゆず)」も「融通(ゆうずう)が利(き)きますように」という願いが込められているのです 。

私も今日の夕飯にかぼちゃの煮物を作ろうと思っています。
もちろん、シリコンスチーマーを使って。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。