突然歩けなくなる?!恐怖の腰痛!脊柱管狭窄症かも

スポンサーリンク


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

腰痛を抱えている方も多いと思いますが

こんな症状はありませんか?

① 太ももから足先へのしびれ

② スリッパが脱げやすくなる

③ トイレに行く回数が多くなる

④ 壁を伝わらないと歩けくなる

それはもしかしたら脊柱管狭窄症かも・・・。

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症の初期症状は

腰に重さ、軽い違和感を覚えるだけです。

脊柱管狭窄症は脊柱管(神経の通り道)が狭くる病気です。

一定の距離を歩くと疲れて歩けなくなるがすぐに回復して歩けるようになります。

脊柱管狭窄症の落とし穴

① 休むとすぐに回復する。

ヘルニアなどの腰痛は長時間休まないと痛みや重さは治まらない。

脊柱管狭窄症は体を丸めると一時的に痛みがなくなる。

② 自転車に乗るのは問題ない

それは・・・。

前傾姿勢 ➡ 脊柱管の神経を圧迫しない。

脊柱管狭窄症を気付きにくくする落とし穴なのです。

思い当たる方は早目に受診してみるといいですよ。

いまは内視鏡を使った施式で神経を圧迫しているじん帯を取り除き傷口は1センチくらいだそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。