内臓型冷え性とは・・・

冷え性といっても色々なタイプがあるのをご存知ですか
大きく分けて5つ冷え性があります
四肢末端型冷え性…手足だけが冷える
下半身型冷え性……上半身は暖かく、下半身が冷える
四肢末端型冷え性と下半身方冷え性が女性に一番多いタイプの冷え性です
そして局所型冷え性、全身型冷え性
最後のひとつが危険な冷え症と言われる「内臓型冷え性」です
「内臓型冷え性」は・・・
文字通り内臓が冷えててしまうことです[emoji:e-1] 内臓が冷えるということは[emoji:e-447] 内臓に十分な血液が届いていないということです[emoji:e-263] チェックの仕方
手のひらで直にお腹を触ってみてください[emoji:e-330]
片方の手はおへその上[emoji:i-88] もう片方の手はおへその下へ置いてみて[emoji:i-88] どちらが温かく感じますか[emoji:v-236] 
わからない場合は手を反対に
交互に置き換えるとわかりやすいです[emoji:e-2]

上腹部のほうが冷たく感じたら

それは内臓温度が低いといえます[emoji:i-238] ※食後2時間は胃に血液が集まっているので避けてください
血液が届かなければ
内臓を動かすためのエネルギーも届きません[emoji:i-238] そうなると内臓の働きは低下しますよね[emoji:i-195] 結果、内臓が冷えてしまうのが「内臓型冷え性」なんです[emoji:i-197] 内臓の動きが低下することで便秘[emoji:i-240] あるいは下痢を起こしやすい
冷え から膀胱炎になりやすいということです[emoji:e-260] 最近では、「内臓型冷え性」は[emoji:i-201] 女性だけでなく男性にも少なくありません[emoji:e-1] 「内臓型冷え性」が危険な冷え性と言われているのは[emoji:e-268] 内臓の温度が下がることで[emoji:i-195] 内臓の動きが悪くなり[emoji:i-182] 結果、免疫力の低下を引き起こすからです

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。