ハロウィンって?

スポンサーリンク


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

10月31日はハロウィン

だいぶ日本でも定着したハロウィン
ハロウィンとは、ひとことで言うと日本の「お盆」のようなもの
万聖節(キリスト教で毎年11月1日にあらゆる聖人を記念する祝日)の前夜祭
秋の収穫を祝い、悪霊を追い出すお祭りです。

ハロウィン、あるいはハロウィーン(英: Halloween または Hallowe’en)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある[1]。キリスト教の祭ではない。ハロウィンに対してはキリスト教からは容認から批判まで様々な見解がある

出典: ja.wikipedia.org


夜になると窓辺やテラス、玄関などにおかれた
かぼちゃに顔を彫ったかぼちゃのちょうちんに火を入れて
子供たちは
Trick or Treat
「何かちょうだいさもないといたずらをしちゃうぞ」 といって
近所の家のドアを叩いてお菓子をもらい歩き
大人も子供も思い思いの仮装や奇抜な格好をして
町を練り歩きます。

子供たちから
「Trick or Treat」
と言われたら
「Happy Halloween」
と答えてお菓子をあげます
日本でも
幼稚園・学校・地域などで
パーティやイベントが開催されるところも多いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。