何故、「読書の秋」なの??

スポンサーリンク


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

読書の秋

「読書の秋」とよく言いますが、いったい何故「読書の秋」というのかご存知ですか?

9月は夜が長くなるということから「長月」といわれるようになりました。

由来は・・・!
中国・唐代の詩人である韓愈(かんゆ)が残した詩の文章の中に「燈火(とうか)親しむべし」という一節があり、「秋の夜は涼しさが気持ち良く、あかり(灯光)で読書をするにはもってこい」という意味です。
秋は読書に一番適した季節であるということを表現したこの言葉が、読書の秋の由来になっているそうですよ。

秋の気候は爽やかで過ごやすい気温なため、読書や勉強に没頭しやすい時期ですね。

読書の効果

読書はただ知識が高まるだけではなく様々な効果をもたらします。

スポンサーリンク

①発想力が豊かになる

様々なジャンルの本を読むことで想像を超えた考え方やアイデアの引き出しが増えます。

②脳が活性化する

本を読む時に空想することで脳が活性化し、働きが高まります。

③文の組み立てや構成がうまくなる

沢山の良い文章に触れる機会が増えることで文章力が磨かれます。

④コミュニケーション力が高まる!

人を思いやる力やどんなことを考えているのかを理解する能力が高まりコミュニケーション力が上ります。

⑤ストレス解消になる!

6分間の読書でストレスが3分の1以下になるという研究結果があるそう。これは音楽を聴いたり運動をしたりすることよりも高いリフレッシュ効果がです。

読書の効果は、これだけあるのです。効果絶大ですね。

読書は脳のエクササイズ!

普段、本を読まないという方もこの機会に読書をしてみてはいかがですか?

普段、本をあまり読まないという方も読書をして秋の夜長を楽しむ・・・。

なんて素敵ですね。沢山の本と出会える秋になると良いですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。