夏太りの原因は内臓冷え!?

スポンサーリンク


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

猛暑が続く毎日。

毎日、冷房の効いた部屋で

冷たいものの食べ過ぎ、

飲み過ぎという方!注意が必要です。

体は意外なほど冷えています。

夏の冷えは、内臓に大きな負担をかけています。

img_01

☆内臓冷えチェック!

お腹の上と下に手を当てて触ってみて下さい。

どちらが冷えていますが?

おへその上の手が下の手より冷たいと感じたら、

内臓冷え」かもしれません!

シャワーだけで済まさずに

半身浴をして体の芯を温めたり

適度な運動をしたり

冷たい食物はほどほどにして

夏太りを解消しましょう。

秋になった時

体に負担がかからず夏バテも解消できますよ。

また

夏冷えは自律神経のバランスを崩します。

自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスを調整しながら体温を一定に保つようにしています。

しかし、暑い外から涼しい部屋に行ったり来たりしていると、

自律神経のバランスが調整しきれなくなり、

夏冷えの状態になってしまいます。

そんな時は・・・!

くららリンパマッサージ

リンパは自律神経の乱れを整える効果が期待されるマッサージですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。