うっかり日焼けのリカバリー術とは?

スポンサーリンク


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

紫外線対策しっかりとしていますか?
紫外線対策が不十分で日焼けをしてしまう
“うっかり日焼け” を9割の女性が経験をしています。

うっかり日焼け

いつもは日焼け止めや帽子、日傘、サングラスなどでしっかり対策をしていても
旅行やレジャーのときなど
「つい、うっかり……」ということはありませんか?

日焼けのリカバリー術

そんな「もしも」の時のためにリカバリー術を覚えておけば安心です。
肌をクールダウンさせてから、徹底した保湿を日焼け直後の肌は炎症を起こしていて
軽いやけどと同じ状態。
まずは肌をクールダウンさせることが先決です。
ガーゼでくるんだ保冷剤や冷たいおしぼりなどで肌を冷やしましょう。
(ただし、水ぶくれができているなど症状がひどい時は皮膚科を受診することを
おすすめします)



次に必要なのは、徹底した保湿です。
日焼け後の肌は水分を激しく奪われています。
強くパッティングすると肌に刺激を与えてしまうので化粧水をたっぷり手やコットンに取って
顔を優しくなでるようになじませて化粧水を含ませたコットンを薄く裂いて
顔全体に貼ったり
シートマスクをするのもオススメですよ。

あとは乳液やクリームでしっかりフタをすれば、応急ケアは完了。
その後、ほてりや赤みが落ち着き肌の受け入れ態勢が整ってから
美白化粧品を使えば日焼けが定着するのを食い止められるはず。
また、日焼けをすると慌ててゴマージュやピーリングなどに
手を出したくなりますが敏感になっている肌には刺激が強いので
必ず肌状態が落ち着いてからにしましょう。

また、食事やサプリメントでビタミンCをたっぷり補給し
体の内側から美白ケアを行うのも効果的です。
もしもの時の緊急対策ケアぜひ覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。