ザッケローニ監督の素顔は?

選手のことはテレビでも多く取り上げる事はありますが

監督ってほとんど取り上げられること少ないですよね・・・。

ザッケローニ監督ってどんな方だと想像しますか?

 

ザックの愛称で親しまれている

アルベルト・アルベルト・ザッケローニ監督61歳。

意外と知られていない素顔。「

ザックを知ることで試合をより楽しめるはず・・・。

 

ザックが日本代表の監督に就任したのは2010年8月でした。

選手たちとのコミュニケーション深め

冒険に挑む・・・。

未来への展望を語っていました。

KIMG5270

 

 

 

 

 

 

 
ザッケローニ監督

イタリア北部の町・メルドラで生誕。

将来の夢はもちろん

プロサッカー選手。

その夢を追い

14歳の時に地元の小さなクラブに入りました。

しかし
17歳で肺炎を患い2年間運動禁止となり、

サッカー選手への夢をあきらめました。

その後、

実家のペンションの手伝いや保険代理店の外交員など

サッカーとは無縁の生活を送っていました。

しかし

サッカーに対する情熱は途絶えることはありませんでした。

そして23歳の時、

再び監督としてピッチに立ちました。
8歳から10歳が所属する地域リーグの監督として復帰し手腕を開花しました。

突きつけられた難題を見事にやってのける

すごい監督がいるとその噂はすぐにイタリア中に広まり
1995年にセリエA・ウディネーゼの監督に就任します。

攻撃的なサッカーでリーグ3位という好成績を収めました。

好成績の裏にはザッケローニ監督の人柄が大きく関係しています。
飾ることなく常に謙虚な姿勢なザックの性格。

選手に

俺に合わせろ!ということはなく

監督、自らがチームに溶け込んでいく。

その結果、

選手だけでなくサポーターにも愛されてるザッケローニ監督

写真も嫌な顔1つせず応じてくれ

いつも笑顔でファンに接する監督。

そんな人柄が愛される1つでもあるんですね。

選手一人一人とのコミュニケーションも大切にする監督。

プロ選手としての経験がない監督。

だからこそ、選手を下から支えることができるのでしょうね。

そして

いよいよ

ザッケローニ監督が率いる日本代表が

明日、初戦に挑みます。

ガンバレ日本。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。