胸椎黄色靭帯骨化症とは

持病の腰痛が悪化したため

神宮球場で行われた交流戦のヤクルト2回戦の指揮を執らず、

休養すると発表した

プロ野球楽天の星野仙一監督

その後、

監督

腰椎椎間板ヘルニア「胸椎黄色靱帯骨化症」であることがあきらかになりました。

病気の原因は不明で

難病である胸椎黄色靭帯骨化症(きょうついおうしょくじんたいこっかしょう)」!

どのような病気なのでしょう・・・?

靱帯のなかで、

脊椎にある椎弓と呼ばれる部分を

上下につないでいる黄色靭帯が硬い骨になり

神経を圧迫するという病気!

KIMG4979

足のしびれや

痛み、運動障害などの症状がでて

歩行困難になります。

症状が表れた場合、

手術が必要で

顕微鏡手術が一般的になります。

入院期間は大体2週間から1ヶ月です。

監督!

休養してしっかり完治させて

また元気な姿を見せてください。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。