日本でも「イースター」

スポンサーリンク


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

新たな季節イベント!

イースター

ご存知ですか?

イエス・キリストが死後3日目によみがえった「復活」を祝う祝祭。

キリスト教圏ではクリスマスと並ぶ大切な祝日とされ、

春分後の初めの満月の次に訪れる日曜と決まっています。

復活祭(ふっかつさい、ギリシア語: Πάσχα、ラテン語: Pascha、フランス語: Pâques、英語: Easter、ドイツ語: Ostern、ロシア語: Пасха)は、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に復活したことを記念・記憶する、キリスト教において最も重要な祭。多くの教会で特別な礼拝(典礼・奉神礼)が行われるほか、様々な習慣・習俗・行事がある。正教会ではギリシャ語から「パスハ」とも呼ぶ[7][注釈 1]。カトリック教会では「復活の主日」とも呼ばれ、聖公会、プロテスタントなどでは「復活日」(ふっかつび)や、英語から「イースター」とも呼ぶ。「復活節」(ふっかつせつ)は、西方教会において復活祭からの一定期間を指す用法の他、プロテスタントの一部で復活祭(復活日)当日を指す用法がある。正教会の復活祭(パスハ)については「復活大祭」を参照基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるため、年によって日付が変わる移動祝日である。日付は変わるものの、必ず日曜日に祝われる。キリスト教が優勢な国においてはその翌日の月曜日も休日にされていることがある。欧州における主要株式・債券市場は、復活祭の前の聖金曜日、復活祭後の月曜日に休場する。東方教会と西方教会とでは日付の算定方法が異なるため、日付が重なる年もあるものの、日付が異なる年の方が多い

出典: ja.wikipedia.org

クリスマスと言えばクリスマスツリーですが

イースターと言えば「イースターエッグ」。

卵はイースターウサギが運んできたとされ

卵は生命の復活の象徴で、

ウサギは子だくさんなことから、繁栄を表します。

だから、お店に行くと

ウサギのグッズが多くあるんですね!

日本では・・・。

「復活祭」「復活説節」と呼ばれています。

日本人は

日本には四季があるので

ハロウィンやクリスマスなど

季節のイベントに反応しやすい傾向があります。

春はイベントがないので

家族で楽しめる春の新しいイベントとして広まっていけばいいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。