感謝の心

普段、どれだけ 感謝の心 を忘れず日々
過ごしているだろう・・・
生きていることへの感謝
健康でいられることへの感謝
ご飯が食べられることへの感謝
働けることへの感謝
お客様が『くらら』へ足を運んでくださることへの感謝
お世話になっている人への感謝
家族、親、兄弟、友人が支えてくれることへの感謝
・・・
風邪を引いたり、ケガをしたりすると
当たり前の健康だったことへ感謝する

家族と喧嘩をし、険悪なときは後悔をし、一緒に旅行へ出かけたり、一緒に食事をしたり
ケガをすると病院へ連れて行ってくれる、看病してくれることへ感謝
をする

どうして日々、「感謝」の心を忘れてしまうのだろう・・・
自分勝手な選り好みをしたり、人と比べ、不平、不満、不足を言うのは自分の積み重ねたマイナスの思いに気づかず「感謝」を忘れている からだそうです。

また日々の出来事に対して感謝するのと恨み続けるのとでは心理状態は違ってくるといいます。

一説に・・・
人生の出来事が、心の修行(魂の進化)の為に自らが書いたシナリオであるならどんなに苦しい、悲しい、辛い出来事でも何日かかろうとも自分の心に言い聞かせ苦しい、悲しい、辛い、憎い、等というマイナスの感情からプラスの感情である。

「感謝の心で受け容(い)れる」 ことが出来なくてはいけない
プラスの感情である「感謝の心で受け容(い)れる」 ということも習慣づけば短時間で心の修正が出来るよになる。

思うどおりにしようとしないで、感謝の心で受け容(い)れる事
そして「相手を思いやるという心」を育てていくことが、大切です。

「感謝の心」
を忘れずに生活すると気持ちが温かくなります。

ブログを読んでくださったことへの感謝
ありがとうございます。

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。