小保方晴子さんの会見で注目の理系の実験ノートとは?

スポンサーリンク


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

理系の「実験ノート」ってどういうのなんでしょうか?

論文の正当性を証明するノート

実験ノートにのっていないことが

論文に載ることは原則ない。

KIMG4035

★いつ書いたものか年月日を入れる。

★データー、画像を入れるのはもちろんのこと、

★全てペンで記載する。

KIMG4040

鉛筆の記載は禁止!

→ 改ざんできないようにするため。

修正の場合は二重線で修正。

ノートが主流。

この実験ノートはどこに保管しているのかというと・・・!

→ 教授の部屋の棚や金庫に保管することも。

小保方晴子さんは会見では5冊ほどあるという回答でした・・・。

 

STAP(スタップ)細胞論文を公表した1月28日の会見以来、

約70日ぶりに公の場に姿を見せた理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー。

少し頬がこけてやつれたようにも見えました。

 

マイクを持って立ち上がると、

1度大きく息を吸い

「多くの皆さまに多大なご迷惑をお掛けしたことを深くお詫びします。」と謝罪しました。

STAP細胞は本当にあるのかという記者の質問に

STAP細胞はあります。」と答えていましたが。
  

研究不正ではないという不服申し立てを行うなら、

科学者の立場で疑義に反証し

不正については自身の所有するデータを開示して

疑義を解消してほしいものですね。

 STAP細胞細胞を見たと主張するなら、

私たちのような素人としては

やはりそのデータをきっちり出してほしいですね。

これだけ疑義がある中では、

その実験データ(結果)が

正しいという客観的な判断材料(証拠)がないと、

なかなか受け入れるのは難しいですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。