お肌の乾燥の原因と乾燥対策

スポンサーリンク


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

「乾燥注意報!お肌の乾燥対策」では、お顔の乾燥の原因、乾燥対策についてお話します。

お顔の乾燥の原因

乾燥肌とは文字通り、肌の水分が不足し乾燥している状態の肌を指しますが
乾燥肌は、シミ・しわ・ニキビなどの肌トラブルの大きな原因は
肌の乾燥にある場合が多いのです。

いったい何故、肌の水分が乾燥してしまうのでしょうか
正常な肌では、皮脂腺から分泌される皮脂と、汗腺から分泌される汗の水分が混ざって
天然の保湿クリームが作られます。
この天然の保湿クリームがなくなることによって、水分が蒸発し、肌が乾燥してしまうのです。だから、乾燥した肌にいくら化粧水をつけても天然の保湿クリームがなければ
何度でも肌が蒸発し、肌が乾燥してしまうのです。
この天然の保湿クリームは、正確には皮脂膜と呼ばれ、お肌を外敵から守るバリアの役割もあります。
皮脂膜が薄くなったり、まったくない状態になると肌が乾燥すると共に、敏感肌やにきび、かゆみ、湿疹など様々な皮膚炎を招く原因にもなります。
乾燥肌には洗顔、スキンケア、老化、生活習慣、紫外線・・・
色々な環境によって起こります。
毎日の洗顔やスキンケアの方法が間違っているためにお肌を乾燥させてしまっているんですよ。



お肌の乾燥対策

洗顔は美肌を保つための基本です。
でも洗顔料を使うと皮脂まで洗い出されてしまいます。
皮脂は肌を保護する「天然の保湿クリーム」なのです。
皮脂が無くなるとお肌の水分まで蒸発してしまい油分と水分が両方とも不足した最悪の状態の肌になってしまいます。
良い状態の肌は油分と水分のバランスが取れた肌
洗顔料を使った入念な洗顔で「清潔で一番良い状態の肌」と思われますが実はそれが大きな間違いだったのです。
洗顔の後に肌が突っ張った経験がある人は多いと思います。
これは肌にとって必要な皮脂が失われて、肌が異常な状態になってしまっているという
サインを出しているのです。

その状態が続くと・・・
深刻な乾燥肌になってしまうんです。
また、お肌が乾燥してくると、慌てて油分の多い乳液やクリームをつけてしまいがちですが、
これも逆効果です。
乾燥を防ぐには、まず水分をたっぷり補うことが大事なんです。
油分の多い乳液やクリームを先につけてしまっては水分が肌に浸透できなくなってしまいます。
お肌の負担となるものが入ったスキンケア用品を(合成界面活性剤や鉱物油、色素、香料、など
使うことも肌の角質層を痛め、水分が失われる原因となりますよ。
自分のスキンケア用品を確認してみましょう。

そこでオススメのスキンケア用品をご紹介します。

朝夜2回で美白っぱなし!24H集中美白【医薬部外品】
※メラニンの生成を抑えしみ・そばかすを防ぐ。
⇒イマスグ美白体験

ヒト型セラミド配合!保湿化粧水『ドルチボーレ エセナ リペアローション』

1日1回。塗って寝るだけ「すっぴん美人」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。