レディー・ガガのティーカップ感動秘話!

昨年5月、

レディー・ガガさんの

キスマーク付きのティーカップが

東日本大震災支援チャリティーオークションにかけられました。

レディーガガのティーカップの秘密を初めて知りました。

「水トク思わずもう一度見たくなる!映像のどえらい裏話

ザ★世界2度見シアター」

オークションの売り上げは全額被災地へ寄付!

落札金額は

6、011、000円

宮城県の歯科医が落札しました。

名前は弓 哲玖(ゆみ あきひさ)先生

震災直後から被災地の同県石巻市で

遺体の身元特定のための検視作業にあたる一方、

自費でパンダの着ぐるみを購入し

その着ぐるみを着て

子供たちを慰問するなど被災者のためのボランティア活動を続けていたそうです。

そんな弓さんは

レディーガガさんの熱狂的なファンでもコレクターでもありません。

では、何故、そんな弓さんが落札したのでしょう・・・?

 

落札した弓さん

「緊張感と責任感でいっぱいです。」

弓さんは

震災直後から被災地の同県石巻市で

遺体の身元特定のための検視作業にあたっていました。

そんな毎日。

自分には何ができるのだろうか・・・?

と自問自答する日々。

自費でパンダの着ぐるみを購入し

その着ぐるみを着て

子供たちを慰問するなど被災者のためのボランティア活動を続けていました。

レディガガさんの会見をみた弓さんは

「ファンが落札したら

自分の金庫にしまいこんでしまう・・・。」

それなら自分が落札し

震災があったことを風化させないように希望者に貸し出そう・・・。

弓さんは

ボランティアは昨年秋まで続けていたそうですが

震災後に発症した特発性肺線維症が悪化し、

今年1月に緊急入院。

治すにはドナー登録が必要と治療が困難な難病。

約10日前に再入院し、会話もできなくなっていたそうです。

兄の思いを「形に残したい」と、

妹の張琴さんがカップを宮城県に寄付することを伝えると、

弓さんは指で「OK」サインをつくったとそうです。

2月20日、

東北歴史博物館に

レディガガさんのティーカップを展示。

そして

翌日の21日

弓さんは旅立っていきました。

テレビでそんな秘話をやるまで

そんな感動秘話があったなんて知りませんでした。

自分の病気を治すより

人の為に何ができるだろうかと

行動した弓さん。

すごい人ですね。

自分ならまずは自分の病気を治すことを先に考えるのに・・・。

知れてよかったです。

すごく感動しました。

弓さん、ありがとうございました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。