トイレの神様とは?!

スポンサーリンク


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

皆さんは、昨日の新春ドラマスペシャル「トイレの神様」をご覧になりましたか?
2010年に「聴く人誰もが泣ける歌」として話題となったシンガーソングライターの植村花菜さんが、自分をずっと支えてくれた大好きなおばあちゃんと暮らした日々を、瑞々しく切々と綴った「トイレの神様」。

私がこの歌を初めて聴いたのは1年位前で、ラジオで何度とのなく流れていて
歌詞に耳を傾け、感動したのがきっかけでした。
それからはラジオでよく流れるようになり何度聴いたことか。
トイレには それはそれはキレイな女神様がいるんやで、だから毎日 キレイにしたら 女 神様みたいにべっぴんさんになれるん ….

いい詩ですねぇ
そういえば、私も小さい頃から実家のトイレ掃除をするのが好きでよく掃除をしたなぁ
トイレがピカピカになるのってすごく心も晴れて、気分もいいです。
汚さないように使おうとしますし昨日のドラマ感動しました。

家族とは、時には言い合いをしたり、ケンカもしたりするけど絆が深いからこそ、すぐ仲直りできる・・・
やっぱり家族って温かくていいですねぇ。
幼少期の花菜役を演じたのが、芦田愛菜ちゃん。すっごくかわいい、かわいいだけでなく
6歳とは思えないあの演技力は、まさに演技派女優ですね。

愛菜ちゃんのファンになったのは、昨年のドラマ「MOTHER」がきっかけです。
泣くシーンは見事でした久し振りに、家族ドラマで感動しました。
温かく、夢いっぱい、元気の出る家族の物語。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。