年末に多発!ペットの誤飲!

今日の『朝イチ』の冒頭で

「年末に多発!ペットの誤飲を特集していました!

 

犬に焼き鳥をあげたら、竹串ごと丸のみに
・・・そんなペットの「誤飲事故」

毎年12月に多発しているんです。
家でクリスマスパーティーや忘年会が開かれると、

来客などで飼い主の注意も散漫になりがち。
気づかない間に、

ペットが思わぬものを誤飲する事故があとをたちません。

誤飲してしまった場合は

無理に吐かさず

すぐにかかりつけの病院に連れていきましょう。

resize_20131217185043

 

 

 

 

 

 

またクリススマスの時期にみられるポインセチアや

シクラメンも

ペットにとっては

中毒の危険性があり、

注意が必要です。

 

ポトスやアイビーなどのツル性植物、

サトイモ科のカラジウムやカラーといった

どの家庭にも普通にみられる観葉植物にも注意が必要です。
たとえば白くて人気のあるお花のカラーを口にすると、

よだれが多量に出て、

激しい嘔吐がみられます。

 

スズランでは

腹痛や下痢、不整脈や心不全を引き起こします。

通常、

消化管に刺激のあるものは吐いてくれることが多いのですが

胃や腸に障害をもたらすだけでなく、

放っておくと

神経や脳にも影響が及んで運動障害やからだの麻痺がみられたり、

毒物の排泄が間に合わずに死んでしまうといった悲しい結果を

招きかねないものもあります。

 

万が一、

植物が室内に散らばっていて食べた形跡があるとか、

なんだか元気がなくておかしい・・・といった場合は、

できるだけ早く動物病院へ連れていきましょう。

 

かわいい大切な家族の一員

しっかりと守ってあげましょう。

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。