富田林逃走事件、樋田容疑者はどうやって生活していたのか?

スポンサーリンク


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

大阪府警富田林署から逃走した樋田(ひだ)淳也容疑者(30)が山口県周南市の道の駅で食料品を万引したとして、29日に窃盗容疑で現行犯逮捕された事件。

8月14日に脱走してから9月29日に万引きで捕まるまで、いったい樋田容疑者はどうやって生活していたのでしょうか?

富田林署から逃走してから、まずはお金が必要になり、ひったくりでお金を手に入れます。

移動手段として、電車に乗ると顔を見られてすぐにバレてしまうため、スクーターを盗み移動します。

食料も万引きやひったくりで手に入れたお金で手に入れます。

風呂とかはどうしていたのでしょうか?

手に入れたお金でスーパー銭湯などに入ってたのでしょうか?

まさか、自転車で日本1周してる人と一緒に生活してるとは思ってみませんでしたね。

大阪府警も予想外でしたでしょうね。

たった一人の監視役を省いた(ケチった)せいで3000人体制での捜索。

いったいどれくらいの費用を無駄にしたのでしょう?

どう責任とるつもりでしょうかね。

また、樋田容疑者の罪もどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。