今冬は太らない!むくみを防ぐ食生活改善のコツ4つ

スポンサーリンク


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ダイエットの天敵といえば、

放置するとセルライト化するむくみ”!

寒くなるこれからは体の巡りも悪くなり

「夕方になるとブーツがむくんで入りにくい」

「冬太りでブヨブヨなお肉が付いた」

なんて身に覚えのある方も多いのでは?

実は体に水分が溜まると、むくみだけでなく

“冷え、生理痛や月経前症候群(PMS)

頭痛、めまい”なども出てくるのです!

今年の冬こそむくみを避けたいところですが

日常で気付かぬうちにむくみやすい食生活をしていることも。。。!

むくみを防ぐ食生活改善のコツをご紹介します!

むくみやすい食生活3つ

まずはこんな食生活をしていないか、振り返ってみましょう。

(1)カフェインのとり過ぎ

カフェインのとり過ぎでもむくみます。

カフェインの利尿作用で脱水状態になると

体は水分を逃さないようにするため、むくみが起きます。

またむくみの原因であるナトリウムを排出するのがカリウムですが、

カフェインはカリウムを消耗するのでむくみに繋がります。

紅茶、玉露、烏龍茶などにもカフェインは入っていますので、

飲み過ぎに気をつけて、コーヒーなら1日3杯までにしましょう。

 

(2)水分不足

秋冬は水分摂取量が減りますよね。

「水分不足だと、腎臓が尿を作ろうと水分を体内に保持するためにむくみます。

喉が渇いたと気付いたら、既に水分が少ない証拠。

そうなる前に、こまめに水分補給しましょう。

(3)塩分の過剰摂取

一見ヘルシーな和食でも実は塩分が多め。

これからは鍋やおでんなども美味しいですが、

汁まで飲み干すと塩分の過剰摂取です。

塩分を排出するにはカリウムの多い食材を食べることです。

むくみ対策は“カリウム”重視を!

このように、体に水分が溜まる症状を防ぐためには、

“カリウム”で排出することが大切。

カリウムはナトリウムと結びつき、

汚れた水分と共に体外へ排出する働きをしてくれます。

あぼかど

あぼかど

あぼかどresize_20131117184932

 

 

 

 

カリウムの多い食材といえば、“アボカド、ほうれん草、きゅうり、納豆、焼き芋、里芋、わかめ”など。

これからの季節美味しくなるものも多いですから、意識して食べましょう。

もちろん!

『くらら』リンパマッサージはに“むくみ”効果的ですよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。