2月14日はバレンタインデー!チョコレート(カカオ)で代謝アップ!ダイエット

2月14日はバレンタインデーですね。

ところで皆さんはチョコレートは好きですか?

チョコレートの知られざる効果があるのです。

寒いこの季節、なんとなくチョコレートが食べたくなったことはありませんか?
実はチョコレートには“冷え性改善”の効果があるんです。
森永製菓株式会社の実験によってチョコレートと同じカカオを含むココアをお茶などと比較した結果、ココアが1番体を温めるということがあきらかになりました。
体を温める代表的な食物としてショウガは派有名ですが、実は、ココアの方がより体を温めるのです。

これは、ココアの原料であるカカオに含まれるテオブロミンやポリフェノールといった成分が血管を広げる働きがあるからなのです。同じ原料でつくられるチョコレートにも甘味同じ効果が期待できます。

「冷え性」といった多くの女の子が抱える悩みもチョコレート甘味を食べることで改善されるのです。
他も、カカオにはいろいろな効果があきらかになっています。

体を温める以外の効果!!

(1)集中力や記憶力を高める

(2)歯周病予防

(3)口臭成分を抑える

(4)インフルエンザウイルスの感染を抑える

(5)病原性大腸菌O-157などの抗菌や殺菌

(6)花粉症などのアレルギーの原因を抑える

(7)高血圧を改善する

(8)動脈硬化を予防する

(9)認知症を予防する

「でも、チョコレート甘味って太る」って思っている方

実は同じカロリーならチョコレート甘味だからといって他の食べ物に比べて太りやすいということはないのです。

ちなみに、チョコレートを選ぶときにはカカオが多く含まれているビターなものを選ぶのがオススメです。カカオ70%以上がいいとされています。
カカオポリフェノールの効果がすごいのです。
肝臓の機能を改善して、代謝をアップすることでダイエット効果もあるのです。
また、カカオは記憶力にも効果があるということです。

認知症にもカカオは効果抜群って知ってましたか?

カカオは体にいいことだらけですね。

甘いチョコレート甘味だとカロリーが高めになってしまいます。
食べすぎにも注意いましょう。

最新情報をチェックしよう!
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。