大量の汗をかくと何故、塩分を取った方がいいのでしょう?

スポンサード リンク

人間の体のほとんどが水分ですが、

それは塩分を含んだ水です。

塩分摂取が不足すると、

体内の塩分濃度を一定に保つため

汗や尿などからのナトリウムの 排出を制限します。

大量の汗をかくと

水分とともにナトリウムやカリウムなどの塩分も、

汗として失われてしまっているのに、
水分補給として真水やお茶など、塩分を含まないドリンクのみを摂取すると、

血液の塩分が薄まってしまいます。

塩分のバランスを保つために、

血液から水が細胞の方へ移動したり、

発汗が促進したりして、
血液からどんどん水が失われていきます。
結果として、水を飲んでいるにも関わらず脱水になってしまいます。

こうなると、

運動に必要な血液循環量が確保できなくなったり、

塩分の不足による筋肉の痙攣が起ったりします。
この種の脱水は、適正な塩分補給をする事によって防ぐことができます。

最近、よく梅干しや塩入の飴を舐めるといい。

といわれていますが

それは大量の汗をかいた時の話しです。

大量に汗をかく運動時等は

スポーツドリンクから水分補給と共に塩分補給をする必要がありますが、

日本人はまだまだ食塩摂取量が多く

WHO(世界保健機構)は減塩目標を掲げています。

日常生活での発汗量であれば、真水、麦茶で十分。

塩分を食事以外でとる必要は無い量と言えるでしょう。

 

KIMG6640
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また

熱中症予防には牛乳がおススメですよ。


スポンサードリンク

にほんブログ村 健康ブログ リンパマッサージへ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ