乾燥肌の特徴

スポンサード リンク

水分量も皮脂量も足りなくて、

肌全体がカサカサしていて、

肌荒れが起きやすいのが特徴の「乾燥肌」

 

乾燥肌さんは

皮脂があまり出ないので、

皮脂が出ないということは、

水分を蒸発させない為のフタの役割がないということですね。
なので、

乾燥肌さんは

角質層の水分をすぐに蒸発させてしまい、

水分をうまくお肌の中に保っていられないんです!
このように角質層に水分、

油分が足りないが為に、

皮膚がめくれて白い粉をふいたり、

お肌がカサカサして白っぽく見えるのも

乾燥肌の特徴ですね。

お肌のうるおいや透明感は角質層の状態で決まるので、

乾燥肌は美肌にとっても大敵なのです!

 

スキンケア法

自分に合ったスキンケアをしましょう!

方法を間違えると

乾燥肌が悪化してしまうこともあります。

乾燥肌に適したスキンケアで

うるおいのある肌を取り戻しましょう。

洗顔後、タオルで顔を拭く時は、

ゴシゴシ拭かないように注意してください。

水に濡れて、

皮膚がふやけた状態にあるので、

強くこするとタオルの繊維によって

肌を傷付けてしまいます。

決してこすらず、

優しく押して拭くようにしましょう。

 

乾燥肌に限りませんが、洗

顔後はすぐに化粧水で保湿をしましょう。

化粧水は。

配合されている成分を重視してください。

特に、

肌の水分を維持するために

大切な角質細胞間脂質であるセラミドや

水分保持能力の高いヒアルロン酸をはじめ、

ビタミンC誘導体(*1)の成分が入っているものを選びましょう。

 

化粧水は、手でつけましょう。

この時、パタパタと肌を叩かず、

じんわり押さえこむイメージで行ってください。

オススメ化粧水はコチラ! 

 ↓

charislift_img02

アウラ化粧品「カリスリフト」

化粧水

化粧品には欠かせない“”を一切使用せず、すべてローズ水を使用した贅沢な処方です。

120ml 15,000円(税抜)
  • ローズ水70%+保湿成分30%の贅沢な処方の高保湿化粧水です。
  • ハリのある肌のカギ“基底膜”に着目した新しいケア。
  • 角質層の隙間を集中補修し、潤いを保ちます。
  • 肌に活力を与え、ハリをもたらします。
使用方法:
コットンに500円玉大をとり、顔全体~デコルテラインにかけてパッティングし、ていねいになじませます。


スポンサードリンク

にほんブログ村 健康ブログ リンパマッサージへ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ