クーラー病

スポンサード リンク

8月も残り数日だというのに8月

残暑厳しい毎日ですねあつい。

こうも暑いとば室内のクーラーはクーラー

フル稼働しているという方も多いと思います!!

外気温との差は広がるばかり温度計

そこで注意したいのが「クーラー(冷房)病」ネツ

 
冷房の効いた室内と気温差がある暑い屋外とのあつい。

出入りを繰り返すことによって出

体温を下げる交感神経と体温を上げる副交感神経のバランスが崩れます汗

そうなると、疲労感、頭痛、食欲不振、不眠、下痢などトイレェェェ!

自律神経失調症に似たような症状が現れるのですビックリマーク

これがいわゆるクーラー病の症状ですビックリ!

 体温調節がうまくできずに体がずっと気だるかったりsei

原因も分からず肩凝りがひどくなったり・・・湿布

これらも典型的なクーラー病の症状ですhua-*

自律神経の機能を乱さないようにするにはぴかっ!

規則正しい生活を心掛けハート

ストレスを溜めないことが大切大切

クーラー病を防ぐにはぴかっ!ひらめき*

クーラーの設定温度はエアコン

できれば27、28度で凌ぐのが理想です

また、一度クーラーのある部屋に入ったらできるだけ外出を控え部屋

1日に2~3回にとどめたいた方がいいですね外出  

あともう少しちょっと

厳しい夏を健康に乗り切りましょうファイト


スポンサードリンク

にほんブログ村 健康ブログ リンパマッサージへ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ