ソチオリンピック、女子モーグル4位の上村愛子選手

スポンサード リンク

ソチオリンピックの女子モーグル決勝。 上村愛子選手は惜しくも4位でした。

気がつけば、34歳で最年長。 初めて上村愛子選手を見た長野オリンピックの時。

まだ18歳の高校生でした。

それから16年。長かったのか短かったのか、

それは本人のみしかわかりません。

今年2014年は上村愛子選手がモーグルを始めてからちょうど20年でした。

 

1998年:長野オリンピック7位。

2002年:ソルトレイクシティオリンピック6位 。

2006年:トリノオリンピック 5位 。

2010年:バンクーバーオリンピック 4位 。

「何でこんなに一段一段なんだろう」と悔し涙を流したのが とても印象的でした。

次こそ一段昇ってメダルに届く、みんなそう期待してたはずでした。

滑り終わってもしばらく上村選手はゴーグルをはずしませんでした。

それは目から涙が流れていたから。

悔し涙?

いいえ、違います。

それはすべてが終わったという達成感から自然と流れた涙でした。

「全部、全力アタックできた。これが最後なんだと思うと、ワーって涙が出てきた」

バンクーバー五輪の女子モーグル覇者、ハナ・カーニー(米国)が

最初のエアで バランスを崩した時、

誰もが上村選手のメダルを確信したのではないのでしょうか?

電光掲示板にカーニーの順位が「3」と表示された瞬間、

「えっ?!」って思いました。

そんなことってあり??

納得がいかない。

心のどこかで少しは悔しいとか納得がいかないとか思っていたのではないでしょうか。

でも、上村愛子はそんなことはこれっぽっちも表に出しませんでした。

20140209-00000028-mai-000-4-view

「とてもすがすがしい気持ち。達成感マックスです」

私はなんてすごい人なんだろうって思いました。

「今回が最後だと思っている。オリンピックの思い出としては、いい思い出で終われると思っている。

メダルはないが、頑張ってよかった」

今回で引退を考えてる上村選手。

この16年、メダル以上のもの。目に見えないけど、

金メダルより輝いているモノを手に入れているんだと思います。

ソチオリンピック女子モーグル4位の上村愛子選手に心から祝福いたします。

おめでとう!!

 


スポンサードリンク

にほんブログ村 健康ブログ リンパマッサージへ
にほんブログ村

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ